過去に制作した私個人サイトがベースです。「日本の自動車の歴史」についての紹介と、懐かしい動画を中心に載せて行きます。
スポンサーリンク

いまや世界のスズカとして知られ「F1グランプリ」が開催されている鈴鹿サーキットは、グランドスタンドの収容人数は7000席+その他観客席12万席という日本最大規模を誇る著名なサーキットである。

4


この鈴鹿サーキットは、日本で初めての全舗装による本格的レース場であるり、鈴鹿サーキット以前にも自動車レース場はあるにはあったが、全てダートコースであり、オートレース場(これも当時はダートコース)なども借りて 自動車レースを行っていたのが現状であった。

鈴鹿サーキット建設計画は、昭和36年(1961年)2月に㈱鈴鹿サーキットランドの前身である㈱モータースポーツランドが、当時はまだオートバイの専業メーカーであった本田技研の全額出資で、東京都中央区京橋に本社が設立されたのに始まる。

Kaminari-zoku


これより1年ほど前の昭和35年にこの基本がスタートしたわけであるが、その背景にはオートバイの本格的普及を目指すことと、カミナリ族に対するオートバイメーカーへの批判をメーカー側としての回答「オトキチたちにゲレンデを与え、なお且つ安全運転に対してのアドバイスを行う」ことであった。

サーキットの建設には10億円以上の投資が必要となったため、本田技研内部でも一部批判的意見もあったが、本田宗一郎社長とその右腕であったた藤沢武夫専務により、社内も建設の方向へと纏またのである。


2


鈴鹿サーキットの誕生の意義は、自動車レースそのものつまり興行的なものではなく、交通教育センターや自動車遊園地の建設などからも解るように、モータリーゼーションの周知のため、また幼少の頃よりエンジンに慣れてもらい親しませることなどが根底にある、いわゆる社会的意義に重点を置いていたといえる。
そして、この意図・思想は今日も鈴鹿サーキットの重要な経営方針となっているのである。

img502


昭和35年(1960年)12月1日から31日まで、サーキット建設に伴う調査団3名が、イタリア・モンツァ、西ドイツ・ホツケンハイム、ベルギー・フランコルシャンなどの欧州諸国の著名なサーキット10ヶ所を視察した。

これは、日本での本格的サーキット場レイアウトの構想を持っての視察であり、内部施設・コース状況から運営規則・資料等まで多々に渡り調査した上で帰国したのである。

鈴鹿サーキットは、オランダ・ザンドフィールド・サーキットなどを設計したジョン・フーゲンホルツのアドバイスによりレイアウトが決定され、昭和37年(1962年)9月20日に完工式を迎えた。ここに全長6004m、トラック幅9~12mのコースが完成したのである。

a0080560_1414490



オープニングレースは2輪による11月3日の第1回全日本選手権ロードレース大会であった。これは当時、世界的に有名なライダーを招いて開催された日本初のロードレースであった。

img_0


また、敷地内に自動車遊園地が昭和38年(1963年)3月に完成したのに加え、同年5月に「第1回日本グランプリ」が開催された。

dly1505040001-p1


その後、日本グランプリを始めとする各種レースが開催され、「国際レーシングコース」を目的として、国際スポーツ委員会のアドバイスのもと昭和52年に大改修を行い、全長5864.03mのコースとなった。

03


※平成の改修の記事は書いていません


スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
mihonium-logo002

プロフ画像はオリジナルです!
デザインは趣味ではなく仕事かな…
マイカラーは「赤」これだけは大切
自分で経験・体験したことを
基にブログを書いています
リンク

[nihonium制作の各サイト]
nihoniumブログパソコン情報ブログ

来来亭ファンブログぼくん家の「旅行計画」

日本の自動車歴史禁煙・卒煙のすすめ
ギャラリー
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!