過去に制作した私個人サイトがベースです。「日本の自動車の歴史」についての紹介と、懐かしい動画を中心に載せて行きます。
スポンサーリンク

h_fuji001


富士インターナショナルスピードウェイ(FISCO)は1965年12月に竣工し、1966年に開業した。


開業当初は1.5kmというグランドスタンド前のストレートと、30度バンクを持つ右回り6kmのフルコース。バンクを使わない左回り4.3kmのショートコースをレースによって使い分けており、1976年と1977年にはフォーミュラワン(F1)も開催された。

h_fuji1973-01


しかし、目玉であった30度バンクは別名「魔の30度バンク」とも言われていた。


ホームストレートを通過したクルマは直線で300km/hから120km/hまで減速してコーナーに進入、その後は“須走り落とし”といわれる急坂のため、数々のアクシデントも発生したため、バンクは閉鎖され迂回コースに改善された。

その後、2000年にトヨタ自動車が富士スピードウェイを買収。大規模な改修を行い2005年2月にリニューアルされ、2007年より「F1グランプリ」が鈴鹿から富士に舞台を移して行われるようになる。

h_fuji003

私がFISCOを訪れたのは、平成になってから。
といってもコースを走るわけでもなく、先輩とレース場の練習走行を見に行ったときである。


コースでは、日産ザウルスが練習走行をしていた。甲高い音が気持ちよく聞こえ胸が高鳴った思い出がある。
また、そのときに見にいったのが、30度パンク跡であった。


既に使われなくなってから30年が経った元コースは、舗装も荒れ、雑草も茂ってはいたが、紛れもないあの夢にまで見たバンクであった。


思わず立ってみたが斜面は急で、まともに垂直に立つことができなかった。


ちなみに、このバンク跡地はFISCOのメモリアルパークとして保存されるようになったようである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
mihonium-logo002

プロフ画像はオリジナルです!
デザインは趣味ではなく仕事かな…
マイカラーは「赤」これだけは大切
自分で経験・体験したことを
基にブログを書いています
リンク

[nihonium制作の各サイト]
nihoniumブログパソコン情報ブログ

来来亭ファンブログぼくん家の「旅行計画」

日本の自動車歴史禁煙・卒煙のすすめ
ギャラリー
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!