過去に制作した私個人サイトがベースです。「日本の自動車の歴史」についての紹介と、懐かしい動画を中心に載せて行きます。
スポンサーリンク

千葉県船橋市の船橋ヘルスセンター内に、「船橋サーキット」が開設されたのは昭和40年(1965年)7月1日であった。


目新しいレジャー施設を探していた同センターにサーキット建設の話が持ち込まれ開設にいたったのであった。


当時、たまたま伊豆韮山サーキットの設計依頼をうけて、ピエール・タルフィが来日しており、船橋サーキットの設計をすることになった。ちなみに伊豆韮山サーキットは実現しなかった。

h_funa01


ピエール・タルフィが設計した船橋サーキットはヨーロピアン・タイプのテクニカルなコース設定で非常にトリッキーであった。


なにしろ、鈴鹿サーキットや後の富士スピードウェイと比較して、敷地面積が3万坪(99,174㎡)と小さかったため、その敷地をフルに活用するための苦肉の策であった。


直線600m、25RのS字、20Rのソックスカーブ、360Rのコーナーを巧みに組み合わせて3.1km/2.4km/1.8kmの3つのコースがとれるように設計されていた。


1.8kmの外周コースを使用しているときは、内側でジムカーナも同時開催できるようになっていた。

h_funa02


1.8kmコースはストックカーレース、2.4kmコースはクラブマンレース、3.1kmコースはジュニアチャンピオンレースにもっぱら使用され、主催者によってコースが違うという変化に飛んだレース 展開となっていた。


施設は11,000人のスタンド席と、立見を含めると5万人が収容可能な仮設スタンドが建設され、どこにいてもサーキット全体が見渡せるようになっており、開設された年は7レースが主催されたが、経営上の問題で、昭和42年(1967年)7月の全日本ジュニアチャンピオンレースを最後に閉鎖となり、その後はオートレース場となった。

h_funa


第3回日本グランプリが中止になり、その代わりに開催されたのが、舟橋サーキットの“こけら落し”となった7月の全日本自動車クラブ選手権レース大会であった。

通称CCCレースと言われ、2.4kmコースを使用し80台の競技車両と21のクラブ団体が参加し4レース行われた。全レースともスタート時には大雨となる悪コンディションであったが、4万人の観客が訪れスタンドは超満員であった。

ukiya5


このレースの主人公といえば浮谷東次郎であった。

GT-ⅠレースではトヨタS800、GT-ⅡレースではロータスエランS4に乗り2勝を挙げたのである。


特にGT-Ⅰレースでスタート直後トップに立ったが4周目に車両衝突のためにやむなくピット・インしトヨタS800に応急処置を施しレースに復帰したがすでに1周近く離された12位に転落、しかしここからの浮谷の 追い上げは凄まじいものであった。

img_1-1


雨の中猛烈なスピードで飛ばし、ついに23周目にトップに返り咲きそのままゴールしたのであった。


この日の彼のトヨタS800のラップタイムはスカイラインGTも走った全4レースの中で、他の全ての車より3秒以上も速かったのである。


参考文献:「日本モーターレース史」(㈱山海堂/昭和55年7月発行)


スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
mihonium-logo002

プロフ画像はオリジナルです!
デザインは趣味ではなく仕事かな…
マイカラーは「赤」これだけは大切
自分で経験・体験したことを
基にブログを書いています
リンク

[nihonium制作の各サイト]
nihoniumブログパソコン情報ブログ

来来亭ファンブログぼくん家の「旅行計画」

日本の自動車歴史禁煙・卒煙のすすめ
ギャラリー
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • インナーサイレンサー、その効果に驚き!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!
  • 日本自動車研究所(JARI)テストコースの一部「45度バンク」を見学!